英語を活かせる・重宝される職種4選

はじめに

これから留学をしたい、英語の勉強を始めたい、英語に関わる仕事をしたい方々に向けて留学のお役立ち情報を発信していく新コンテンツ”L topic!”。
これから留学を始めるみなさんの中には「将来英語を使った職業に就きたい」と思っている方もいるかもしれません。とはいっても、英語が重宝される職業にはどんなものがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。今回は「英語を活用できるお仕事」についてまとめてみました!

語学を極めたいあなたには「通訳系」がおすすめ!

 

通訳とは言語の違う人々がコミュニケーションをするときに会話を仲介する仕事。国際会議や外交交渉で通訳する会議通訳、テレビの二カ国語放送に携わる放送通訳、外国人の裁判時に通訳する法廷通訳、そして観光地を案内しながら外国語で説明する通訳ガイドなど、活躍の場は多くの分野に分かれています。同時通訳など高度なテクニックには各分野の専門知識や日本語での表現力など高い能力が求められます。

国をまたぐ移動の場で大活躍したいあなたには「旅行系」がおすすめ!

 

ここには、キャビンアテンダントや旅行会社のツアースタッフ、ツアープランナー、グラウンドホステス、観光バスガイドなどが含まれます。

外国へ行きたいお客様や外国からいらしたお客様は語学面で困っている人が多いので、ここで英語ができれば活躍できること間違い無し。特に空港系のスタッフは国際色豊かな空港でさまざまな国の旅客へサービスをするため、英語はもちろん、できれば英語以外にも精通していることが望まれます。

おもてなしの精神に溢れるあなたには「ホテル系」がおすすめ!

 

ここには、ホテルマン・ホテルウーマンやコンシェルジュ、バンケットスタッフ、ベルスタッフ、ドアマンなどが含まれます。

近年円安や日本食の人気とともに日本へやってくる観光客が激増しています。その中でホテルというのはどの観光客も一度は利用する施設であり、その宿泊のお手伝いをするホテルスタッフは英語を使って活躍したい方におすすめの職業です。ただしきめ細かな気配りや他国の客に応対できる国際感覚・語学力が求められるだけでなく、一日に多くのお客様に対応する体力も求められる仕事です。

学んだことを伝えたいあなたには「教育系」がおすすめ!

 

g

ここには、英会話教師、塾講師、日本語教師、留学コーディネーターなどが含まれます。

海外に出て留学を通して習得した英語力を活かして、教師につくという道もあります。英語というのは教育に欠かせない言語であるため、教師というのは比較的就職先を探しやすいといえます。また逆に外国人に日本語を教える日本語教師の仕事もあります。日本語を学びたい外国人に日本語を教えるのですが日本語の他にも、日本の文化や慣習を理解しておくと良いでしょう。

そして自身の留学経験が大きな強みとなってくるのは留学コーディネーターです。各個人のニーズに適した留学プランを提案し、学校や航空券、滞在先などの手配までを行う留学コーディネーターは、語学力だけではない総合的な知識が必要となってきます。

いかがでしたか?

せっかく留学をして英語という武器を身につけたからには、英語力を活かせる職場に就きたいと思う方も多いはず。今回紹介した職業以外にも外資の企業など幅広い活躍の場があります。これから留学する方はぜひ留学が終わった後のことについて考えてみると、より留学経験が有意義なものになりますよ。