留学先の決め方【ニュージーランド編】

はじめに

これから留学をしたい、英語の勉強を始めたい、英語に関わる仕事をしたい方々に向けて留学のお役立ち情報を発信していく新コンテンツ”L topic!”。
学校選びをスムーズに、そして納得のいく学校選びにする為にはどうすればいいのか、どこに重点を置いたらいいのか気になっている方も多いはず。そこで今回は、留学の際に大事になる”学校の選び方のポイント”を伝授致します。

基本的な学校選びの順序

①学校の種類を決める
②都市を決める
③学校の大きさを決める
④コースを決める

学校の種類

ニュージーランドの私立の語学学校には”私立の英語学校”と”ポリテクニック・大学付属英語学校”の大きく2つのタイプがあります。
ニュージーランドの語学学校のほとんどは私立です。様々なコースで各学生のニーズに応えられるようになっており、一般的な英語コースはもちろんのこと、会話やアクティビティーコース、資格試験のコース等があります。
クラスも小数人数がほとんどで10人程度が基本です。一般英語コースは毎週入学できるコースがほとんどで、2週間から1年間までのコースを選択することが可能です。
一方のポリテクニックや大学付属英語学校は将来それらの学校の専門コースに進学を希望されている方に最適な学校です。
ポリテクニックには基本的に英語学校が併設されており、授業内容は、一般英語に比べ、アカデミックなものになっています。
私立学校が小数人数なのに対して、クラスの人数は多めで、入学日やコース期間も定められており、それに合わせてスケジュールを組むことが求められます。
しかし、図書館、スポーツ施設、コンピューターラボなどポリテクニックの施設を自由に使用できる等の利点もあり、真剣に長留学を考えている学生にはオススメです。

※ ポリテクニックとは、ニュージーランドの総合専門学校。ビジネスコースやツーリズムコースからデザイン、コンピューター、クッキングなどほとんどの専門コースがあり、半年から2年のコースで色々な資格が取得できます。入学日は(2月・7月)の通常年2回です。

都市を決める

ニュージーランドの主要都市といえば”オークランド”、”クライストチャーチ”、”クイーンズタウン”の三都市が挙げられます。

まず、オークランドですが、オークランドは北島にあニュージーランドの最大の都市です。
私立の語学学校を始め、ポリテクニック、大学付属の英語学校等大小様々な学校があります。その為、自分の留学スタイルに合った学校が選べるのが特徴です。ワーキングホリデーの後に仕事を探すのにも最適な都市です。

【オークランドで人気の高い学校】
①【ACG English School】
ACG-English-1_web
http://learner-s.com/acg-english-school-academic-college-group/

②【Dominion English Schools Auckland校】
Dominion-English-Schools-Auckland
http://learner-s.com/acg-english-school-academic-college-group/

③【Concordia Institute of Business】
bbicc2015presentationday
http://learner-s.com/concordia-institute-of-business/

クライストチャーチは南島最大の都市です。オークランドに比べると数は劣りますが、私立の英語学校、ポリテクニックの付属英語学校が多数あります。クライストチャーチは自然豊かなのでのびのびと学習することが出来ます。
また最大の特徴は”全体的に生活費が安いこと”です。

【クライストチャーチで人気の高い学校】
①【Wilkinson’s English Language School】
welts
http://learner-s.com/wilkinsons-english-language-school/

クイーンズタウンは南島西海岸にあるスキー・スノーボードのメッカとして知られる町です。
勉強だけでなく、アクティビティーも同時に楽しみたい人にオススメです。学校は少ないものの非常に人気の高い町です。

学校の大きさを決める

大規模校の総学生数は一般的に200~400名、小規模校の総学生数は100名以下と言われています。
どちらの学校にも利点と欠点がありますが、留学期間やスタイル、ご自身の性格や留学を通して得たいものによっても選ぶ基準は異なってくるでしょう。

【大規模校】
利点
■図書館やpc等の設備が整っている
■レベル移動も容易に出来る
■色々な国の友達が出来る
■特殊なコースもある
■様々なレベルが設けられているため、自分に合ったレベルを選ぶことが可能

欠点
■学生が多すぎる
■アジア人が多すぎるケースがある

【小規模校】
利点
■クラスの人数が少ないため丁寧な指導を受けることが可能
■家庭的でアットホーム

欠点
■レベルの数が少ない
■施設の設備が不十分
■特殊コースが少ない

コースを決める

一般的にニュージーランドの語学学校では以下のようなコースが設けられています。

一般英語コース(初心者向け)
読む・書く・聞く・話すの4項目を中心に、文法や発音、英語全般を学習するコースです。
午前中はテキストを中心とした学習を行い、午後になると会話を中心とした実践的な授業になるケースがほとんどです。
フルタイムとパートタイムがあり、フルタイムは週に25時間、パートタムは週に8時間〜15時間です。

アクティビティーコース(初心者向け)
ニュージーランドならではで、アクティビティーをしながら英語を体得していくコースです。
午前中は一般的な授業を行い、午後からはアクティビティーを行います。本格的に英語を学ぶだけではなく、身体も動かしながら楽しく学んだ行きたいという方にオススメのコースです。

ビジネスイングリッシュコース(中級~上級者向け)
外資系の会社又は英語を使った職場への就職を希望される方の為のコースです。
ビジネスの状況で使われる英語の会話や聞き取り、読み書きなどのスキル(電話の対応の仕方、英語での書類の書き方)、E-Mailやファックス、インターネット、コンピューターへの入力など実践的に使える英語を学習します。

IELTSコース(中級~上級者用)
IELTS とは、International English Language Test Systemの略です。イギリスのUCLES(University of Cambridge Local Examination Syndicate)が運営し、ブリティッシュ・カウンシル等が実施する英語能力テストです。
ニュージーランドの高等教育機関へ進学(留学)をされる方や永住権を取得される方は英語力を証明する為のテストとして必要になります。
他の英語資格試験とは違い、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各科目があり9段階で評価されます。ジェネラルとアカデミックとに分かれており、永住権にはジェネラルで平均5.0、大学などに進学する場合にはアカデミックで6.0以上の英語力が必要です。

【IELTSコースのある学校】
①【CCEL Auckland校】
s4
http://learner-s.com/ccel-auckland/

②【Kiwi English Academy】
auck-kiwi-english-academy_02
http://learner-s.com/ccel-auckland/

③【AIS St. Helens】
StHelens37.jpg.1200x1200_q80_crop-smart
http://learner-s.com/ais-st-helens-english-course/

いかがでしたか?

自身の力を最大限に伸ばす為にも勉強する環境や学校、プログラム内容は非常に重要になってきます。
今回はニュージーランドの一例ですが、留学先を選ぶプロセスはどこも基本的に同じです。
ラーナーズでは無料カウンセリングも実施しています。興味のある方は是非お申し込み下さい。

①『大学生対象 春休み短期語学留学無料説明会』

iStock_33601884_XXLARGE
▶︎お申し込みはこちら

②『中高生対象 春休み短期語学留学無料説明会』
iStock_10749402_XLARGE
▶︎お申し込みはこちら