TOEICのオススメ参考書5選

英語

はじめに

これから留学をしたい、英語の勉強を始めたい、英語に関わる仕事をしたい方々に向けて留学のお役立ち情報を発信していく新コンテンツ”L topic!”。 今回は、英語の資格として知られているTOEICの勉強をする際にオススメの参考書をご紹介していきます。自身のレベルに合った参考書を選んで効率よく勉強していきましょう。

①TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

atari03

出典:https://www.amazon.co.jp/

公式問題集シリーズなので ■ テスト開発機関(Educational Testing Service)が制作した本番クオリティーの問題を掲載 ■ 音声も本番と同様のクオリティー、TOEIC®公式ナレーター ■ 本番と同じクオリティーの問題が2回分(200問×2) ■ 参考スコア範囲換算表付き と充実の内容になっています。初心者の方も上級者も問題の傾向を掴んだり、最終確認をするには最適の1冊です。

②新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

atari03

出典:https://www.amazon.co.jp/

シリーズ累計30万部突破している単語帳。 著者は、毎回受験、2011年公開テスト全7回満点の実績に基づくテスト分析に定評のあるTEX加藤氏で丁寧な解説が特徴です。 TOEICは、問題の難易度を同レベルに維持するため、同じ問題、同じ単語が繰り返し使われています。 実際に本試験に出た単語を中心に1000語を厳選し、覚えやすい7語以下の「TOEICフレーズ」にまとめられています。 それぞれのフレーズは「日本語→英語」の穴埋め問題形式で、付属のチェックシートを使えば、ゲーム感覚で手軽に取り組むことができる、といった仕組みです。 「見出し語→日本語訳→英語フレーズ→英語フレーズ」の順に吹き込んだ音声も出版社の公式サイトから無料でダウンロードできます。

③新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

atari03

出典:https://www.amazon.co.jp/

TOEICのPart 5(短文穴埋め問題)で出題されるタイプの文法問題を1019問収録した問題集です。 TOEICのPart 5(40問)は、毎回ほぼ同じタイプの問題が出題されるのが大きな特徴です。もちろん、回によって、多少の違いはありますが、出題傾向が大きく変化するということはありません。 したがって、特に文法問題は、特定の出題範囲に絞り、「狭く深く」勉強することで、効率的にスコアを伸ばせます。 この本は、高校基礎レベルの文法や基本単語を理解できている方が、大量の問題演習を通じてスコアアップを目指すためのものです。 TOEIC スコアで、少なくとも500点以上を獲得されている方が対象となっています。

④TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング TTTスーパー講師シリーズ

atari03

出典:https://www.amazon.co.jp/

■1日約20分、1カ月で対策可能 1日にPart 3の会話 またはPart 4のトーク1本に取り組むプログラム。毎日約20分、4週間で、英語が聞ける耳へのチューンナップが完成します。さらに週末は人気セミナー「TOEICまつり」発祥のエクササイズ、Weekend Activityで解答力を高めることができます。 ■TOEIC長文リスニングのスピードを攻略できる 超高速の2.5倍速からゆっくりの0.7倍速まで、5段階に変速させたTOEICのPart 3、Part 4問題を収録。何度も聞き込むことでスピードのある英語に耳を慣らすことができます。 ■英語の音の特徴が分かり、聞き取り精度がアップする 変速音声を利用した音読練習(リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイング)を通じて、英語のリズムや発音、TOEIC頻出語の聞こえ方を体得。正確な聞き取りが可能になります。 ■3人の講師が肉声講義で学習をサポート なんと全ページ講義音声付き(ダウンロード音声[MP3形式、ZIP圧縮])。執筆した講師3人が、変速リスニングや音読トレーニングの指示、問題の解説、音読ポイントの解説を行います。リアルタイムで個人授業を受けているような臨場感で、楽しく学べます。

⑤はじめてのTOEICテストこれだけで600点突破 英単語完全生講義 [新形式問題対応]

atari03

出典:https://www.amazon.co.jp/

■新形式問題に対応 平成28年5月末に変更されたTOEIC

テストに対応しています。 ■写真問題でよく出る表現をチェック 第1章では、写真描写問題で高得点をマークするための必須の表現、語彙を「その場面をイメージして聞く」という学習法を取り入 れ、最短で覚えられるようになっています。 ■接頭辞・接尾辞で楽しく語彙を増やす 第2章では、だれもが知っているun- / in- /pre- などのさまざまな接頭辞を数多く解説することで、語彙力が楽しく広がるよう になっています。 ■TOEICテストの最重要単語、重要単語を丁寧に解説 第3章と第4章では、くり返し出題される重要英単語を、主にビジネスシーンでの生きた使い方を念頭において構成してあります。 日本人が弱いといわれるスピーキングの養成にも力を入れています。

いかがでしたか?

自分に合った参考書は見つかりましたか?伸ばしたい部分や自分のレベルに合った参考書を選んで下さいね。